黒谷友香

黒谷友香のページを説明

SponsoredLink

黒谷友香にようこそ!

黒谷友香についてまとめてみました。最新情報の特集を組みました。どうぞ、ご活用くださいませ♪


■当サイトのカテゴリ
画像/ 短歌/ /

黒谷友香の画像や動画をはじめ、お得な情報が満載です。


■当サイトの目次

黒谷友香

黒谷友香 ラブジェネレーション 広告代理店のクリエイティブ部で働く片桐哲平(木村拓哉)は突然、志望していない営業部への異動を命じられるのね。^^;


黒谷友香

黒谷友香 木曜劇場 月9と並んでフジテレビの看板ドラマ枠であるが、月9がラブストーリーやコメディが多いのに比べ、こちらは社会派ドラマやミステリーなどを扱う作品が多いのが特徴と言えるのね。^^;


黒谷友香

黒谷友香 ウイークエンドドラマ 放送時間は、当初は23:30〜24:00であったが、1997年10月以降はその時間に『検証ドキュメンタリー ザ・スクープ』が移動してきたため、その後の24:40〜25:10の枠での放送となったのね。^^;


黒谷友香

黒谷友香 はみだし刑事情熱系 主役の柴田恭兵が、「あぶない刑事」の大下勇次役のように、クールかつスタイリッシュな役柄から方向転換し、それまでのイメージと違った人情味溢れる熱血漢刑事を熱演しているのね。^^;


黒谷友香

黒谷友香 沙粧妙子-最後の事件- * 趣味は、ガーデニングと乗馬のね。愛馬の名前は「ラルフ」と「ローレン」ね。黒谷の好きなファッションブランド「ラルフ・ローレン」が由来というのね。^^;

黒谷友香

黒谷友香

沙粧妙子-最後の事件-

* 趣味は、ガーデニングと乗馬のね。愛馬の名前は「ラルフ」と「ローレン」ね。黒谷の好きなファッションブランド「ラルフ・ローレン」が由来というのね。

* 臨機応変に標準語と関西弁を使い分けているのね。

* ナインティナインの岡村隆史との熱愛報道が週刊誌でされたが、双方共に否定したのね。ダウンタウンの浜田雅功の好みの女性タレントとして黒谷の名があがり『浜ちゃんと!』(日本テレビ)に出演したのね。

『芸恋リアル』(読売テレビ)で石田純一が付き合いたい女性として黒谷を指名するが、黒谷は断ったのね。

* 極度の近眼であり、学生の頃は牛乳瓶の底のような眼鏡をかけていたのね。現在はコンタクトレンズを使用しているのね。

小学生の卒業時には、160センチ、60キロという太め体型であったのね。

「古畑任三郎シリーズ」の様なジェットコースターのようにめまぐるしく展開するストーリーや、オカルト風の雰囲気を持ち、更には人間が本来持っている「悪意」というものに対して真正面から取り組んだ作品であり、単なるサスペンスではなく悪意というものが持つ意味を中軸に据えたストーリーが展開されたのね。

少年時代の香取慎吾や、反町隆史、広末涼子、柏原崇、飯島直子等、後に有名になったアイドルや役者が多く出演していたのね。時を経てそれぞれが知名度を高めたため、結果的に「豪華出演者」で固められたドラマとなったのね。他に西村雅彦、神田うのも出演しており、スペシャル編では高橋克典やブレイク前の草g剛、中谷美紀も出演したのね。

主演の浅野温子が迫真の演技で視聴者を圧倒し、直前までコミカルな役が増えていた彼女を演技派女優として再認識させたのね。

それをはじめ、出演者達の熱演が話題を呼んだのね。相手役の柳葉敏郎による、視聴者の立場に近い、好感の持てる刑事役の演技はストーリー全体に安心感を与えているのね。

また、狂気に満ちた役柄を熱演した佐野史郎や升毅も、ドラマの牽引役として視聴者に猛烈なインパクトを与えたのね。佐野は、冬彦と同様のはまり役で、最終話で明らかになった意外な役回りで視聴者を驚かせたのね。

升も、エキセントリックな演技派役者として全国のテレビ視聴者に広く知れ渡り、これ以降狂気的な役を立て続けに演じた時期があるのね。

また、当時のテレビドラマとしては極めて珍しく「MPD」の文字が入った通行証(警視庁の私服勤務員を外来者と区別するため庁舎内で着用するもの)を刑事の小道具として着用させていたのね。これは後の「踊る大捜査線」や「きらきらひかる」、「新宿鮫」等にも取り入れられ、フジテレビ制作のドラマや映画において刑事の演出の標準アイテムとなったのね。

また、重厚でサスペンスなストーリーを引き立てる為、ナレーションを導入ね。

ナレーションには中田譲治を起用したのね。

中田独特の渋みある語りが物語を引き立てているのね。

「沙粧妙子 - 最後の事件 - 」では、主人公である沙粧は一線を退くという形での終了となったが、後にスペシャルとして放映された「沙粧妙子 - 帰還の挨拶 - 」では、沙粧が一線に復帰するという描写が見られたのね。このため、さらなる続編の製作も噂されたが、2008年現在、続編は製作されていないのね。

当初、7月5日スタート予定だったが、6月に緊急報道特番(全日空857便ハイジャック事件)の影響で前番組「王様のレストラン」最終回が7月5日にずれ込んだため、放送開始が1週遅れたのね。そのため全12回の予定が11回に短縮されたのね。

TANNKA 短歌/黒谷友香[DVD]TANNKA 短歌/黒谷友香[DVD]
¥4,935円(税込)送料込 カード利用可

品 番:DSTD-02679発売日:2007年05月21日発売出荷目安:1〜2週間品 番:DSTD-02679発売日:2007年05月21日発売出荷目安:1〜2週間DVD発売元:東映ビデオR-15[ストーリー]33歳のフリーライター薫里(かおり)は、カメラマンのMという9年越しの恋人と、仕事も恋も充実した日々を送ってきた。Mとの関係が世間でいうところの「不倫」であっても、無我夢中で生きてきた薫里の心を暖かく包むと同時に、肉体をも新たに目覚めさせてくれたのはMだったのだ。Mと圭2人の男性の間で揺れ動き、以前より明らかに落ち着きを失くしていく薫里に、これからの生き方の結論を出す日が近づいていく…。自由気ままに2人の男と恋をし甘いセックスを楽しむ女・薫里が、結婚しつつも不妊の悩みを抱える親友や、シングルマザーで自信溢れる生き方をしている大女優との交流を通して自身を見つめていく…。R−15指定作品。制作年:2006制作国:日本ディスクタイプ:片面2層カラー:カラー映像サイズ:アスペクト:スクイーズ映像特典:本篇未公開・妖艶!秘蔵映像/撮影スナップ・イン・短歌/監督&キャスト・インタビュー集/製作発表・艶舞!黒谷友香ベリーダンス/東京国際映画祭・記者会見&舞台挨拶/劇場公開初日・シネマート六本木/GyaO黒谷友香・特別番組「短歌」/劇場予告/TVスポット/フォトギャラリー/ポスターギャラリーその他特典:オリジナル・フォトカード3枚(初回のみ)/ピクチャーレーベル音声仕様:ドルビーサラウンドドルビーデジタル5.1chサラウンドドルビーデジタル収録情報《1枚組》TANNKA 短歌監督阿木燿子出演黒谷友香黄川田将也村上弘明西郷輝彦中山忍高島礼子井川比佐志脚本阿木燿子岩下悠子
さらに詳しい情報はコチラ≫


[PR]動画

| 画像

黒谷友香の黒谷友香のリンクについて

黒谷友香の黒谷友香のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]黒谷友香
>>[次]黒谷友香
黒谷友香のTOPへ
"黒谷友香"のTOPへジャンプ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。