黒谷友香

黒谷友香のページを説明

SponsoredLink

黒谷友香にようこそ!

黒谷友香についてまとめてみました。最新情報の特集を組みました。どうぞ、ご活用くださいませ♪


■当サイトのカテゴリ
画像/ 短歌/ /

黒谷友香の画像や動画をはじめ、お得な情報が満載です。


■当サイトの目次

黒谷友香

黒谷友香 ラブジェネレーション 広告代理店のクリエイティブ部で働く片桐哲平(木村拓哉)は突然、志望していない営業部への異動を命じられるのね。^^;


黒谷友香

黒谷友香 木曜劇場 月9と並んでフジテレビの看板ドラマ枠であるが、月9がラブストーリーやコメディが多いのに比べ、こちらは社会派ドラマやミステリーなどを扱う作品が多いのが特徴と言えるのね。^^;


黒谷友香

黒谷友香 ウイークエンドドラマ 放送時間は、当初は23:30〜24:00であったが、1997年10月以降はその時間に『検証ドキュメンタリー ザ・スクープ』が移動してきたため、その後の24:40〜25:10の枠での放送となったのね。^^;


黒谷友香

黒谷友香 はみだし刑事情熱系 主役の柴田恭兵が、「あぶない刑事」の大下勇次役のように、クールかつスタイリッシュな役柄から方向転換し、それまでのイメージと違った人情味溢れる熱血漢刑事を熱演しているのね。^^;


黒谷友香

黒谷友香 沙粧妙子-最後の事件- * 趣味は、ガーデニングと乗馬のね。愛馬の名前は「ラルフ」と「ローレン」ね。黒谷の好きなファッションブランド「ラルフ・ローレン」が由来というのね。^^;

黒谷友香

黒谷友香

はみだし刑事情熱系

主役の柴田恭兵が、「あぶない刑事」の大下勇次役のように、クールかつスタイリッシュな役柄から方向転換し、それまでのイメージと違った人情味溢れる熱血漢刑事を熱演しているのね。

犯罪の裏にある悲しみや切なさ、圧倒的に許すことが出来ないような悪に対し、必死に立ち向かっていく刑事たちの姿を描き、8年間・全8シリーズが作られる長寿番組となったのね。

登場人物は犯人や被疑者含め、ほとんどが熱血キャラとして描かれており、全体的にエネルギッシュな作風となっているのね。

同枠としては「ベイシティ刑事」以来ほぼ10年振りのカーアクション、爆発アクション、ガンアクションが繰り広げられるアクションドラマ的な要素を持つ内容だったのね。

4シリーズ目からはより人情路線に走っていき、6シリーズ目ではイメージ一新を図るために登場人物のスタイルを変える試みなども行ったのね。

ここで久しぶりに柴田のスーツ&サングラス姿が見られるのね。

7シリーズ目からは人情を少し押さえ目にし、刑事ドラマ本来の面白さを追求するような内容になったのね。スタイルは革ジャンに戻るのね。

「はみだし刑事」が属するのは臨海地区にある警察庁・検察庁合同庁舎内に本部を置く、犯罪の多様化・広域化という現代の犯罪事情に対応すべく新設された組織・警視庁広域特別捜査隊ね。

従来の所轄捜査・所轄署という概念を撤廃し、事件解決のためにあらゆる地で捜査するエキスパート集団であり、本庁の指令に応じて出動するが、所轄署からは畑違いのところから突然捜査に乗り出す集団と見られ煙たがられている(なお、実在の警察にも「広域捜査隊」は実在するが常設隊ではないのね。

東京以外の関東広域圏など複数県で広域に対処すべき事案が発生した時点で組織される、協定に基づくもので、各県の機動捜査隊員などが兼務している(茨城・栃木・群馬の「北関東広域」、岐阜・愛知・三重の「西東海広域」)のね。

警視庁には広域特別捜査隊という部署は実在しない)のね。

因みに広域特別捜査隊の所在地は「臨海副都心のどこか」とされ、明確に場所が特定されていないのね。

庁舎外観は有明地区にあるオフィスビルを使用したのね。

但し、広域捜査がテーマなので臨海地区に限らず、墨田区や大田区を主とした都内全域でストーリーが展開されているのね。

 TANNKA 短歌 / 黒谷友香 TANNKA 短歌 / 黒谷友香
¥3,932円(税込)送料別 カード利用可

メーカー名東映(株)タイトルTANNKA 短歌アーティスト黒谷友香品名/規格番号DVDDSTD 2679 (00000695180)ディスク枚数1枚発売日07/05/21コメント女流歌人・俵万智の処女小説を、人気作詞家・阿木耀子が初監督。黒谷友香が、官能シーンとセクシーなダンスを披露。<ストーリー>33歳の薫里は、独身のフリーライター。妻子あるカメラマンン・Mと交際し、仕事も恋も充実した日々を送っていた。そんなある日、薫里はバイオリニストの卵・圭と出会う。年下の圭の初々しさに惹かれた薫里は、“育てる喜び”を覚えてゆく。▼特典映像○本編未公開映像○メイキング○キャスト・監督インタビュー○製作発表 黒谷友香ベリーダンス披露○東京国際映画祭 レッドカーペット/記者会見/舞台挨拶○初日舞台挨拶○Gyao黒谷友香 特別番組○予告編○テレビスポット○フォトギャラリー33歳のフリーライター薫里(かおり)は、カメラマンのMと9年越しの不倫関係を続けている。そんな薫里の前に現われたヴァイオリニストの卵、圭。Mと圭、2人の男性の間で揺れ動く薫里は、徐々に落ち着きを失くしていき。監督・脚本:阿木燿子 脚本:岩下悠子 出演:黒谷友香/黄川田将也/村上弘明/西郷輝彦/中山忍/高島礼子/井川比佐志/本田博太郎/萬田久子〈映像特典〉本編未公開・妖艶!秘蔵映像/撮影スナップ・イン・短歌/監督&キャスト・インタビュー集(阿木燿子監督,黒谷友香,黄川田将也,村上弘明)/製作発表・艶舞!黒谷友香ベリーダンス/東京国際映画祭・記者会見&舞台挨拶/劇場公開初日・シネマート六本木/GyaO黒谷友香・特別番組「短歌」/劇場予告/TVスポット/フォトギャラリー/ポスターギャラリー\[画]ワイド [音](4.0)・(5.1)▼いっしょにおススメ商品▼DSTD-02679
さらに詳しい情報はコチラ≫



| 画像

黒谷友香の黒谷友香のリンクについて

黒谷友香の黒谷友香のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]黒谷友香
>>[次]黒谷友香
黒谷友香のTOPへ
"黒谷友香"のTOPへジャンプ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。