黒谷友香

黒谷友香のページを説明

SponsoredLink

黒谷友香にようこそ!

黒谷友香についてまとめてみました。最新情報の特集を組みました。どうぞ、ご活用くださいませ♪


■当サイトのカテゴリ
画像/ 短歌/ /

黒谷友香の画像や動画をはじめ、お得な情報が満載です。


■当サイトの目次

黒谷友香

黒谷友香 ラブジェネレーション 広告代理店のクリエイティブ部で働く片桐哲平(木村拓哉)は突然、志望していない営業部への異動を命じられるのね。^^;


黒谷友香

黒谷友香 木曜劇場 月9と並んでフジテレビの看板ドラマ枠であるが、月9がラブストーリーやコメディが多いのに比べ、こちらは社会派ドラマやミステリーなどを扱う作品が多いのが特徴と言えるのね。^^;


黒谷友香

黒谷友香 ウイークエンドドラマ 放送時間は、当初は23:30〜24:00であったが、1997年10月以降はその時間に『検証ドキュメンタリー ザ・スクープ』が移動してきたため、その後の24:40〜25:10の枠での放送となったのね。^^;


黒谷友香

黒谷友香 はみだし刑事情熱系 主役の柴田恭兵が、「あぶない刑事」の大下勇次役のように、クールかつスタイリッシュな役柄から方向転換し、それまでのイメージと違った人情味溢れる熱血漢刑事を熱演しているのね。^^;


黒谷友香

黒谷友香 沙粧妙子-最後の事件- * 趣味は、ガーデニングと乗馬のね。愛馬の名前は「ラルフ」と「ローレン」ね。黒谷の好きなファッションブランド「ラルフ・ローレン」が由来というのね。^^;

黒谷友香

黒谷友香

木曜劇場


月9と並んでフジテレビの看板ドラマ枠であるが、月9がラブストーリーやコメディが多いのに比べ、こちらは社会派ドラマやミステリーなどを扱う作品が多いのが特徴と言えるのね。2004年頃からは、「木曜劇場」と言う呼び名はあまり使われないが、正式な番組名では作品名の前に付随するのね。

同枠は1984年10月の「オレゴンから愛」が第一作目となるが、元々は故・田宮二郎の代表作「白い巨塔」などを生んだ「土曜劇場」(1981年3月末にゴールデン洋画劇場と枠交換の形で終了)や「北の国から」などを生んだ「金曜劇場」(1981年4月にゴールデン洋画劇場と枠交換の形で開始、1984年9月末に金曜女のドラマスペシャル放送開始に伴い終了)を継承した形となるのね。

また、1983年9月までは、同枠は関西テレビ制作枠として、22時台前半の30分は「三枝の爆笑美女対談」等のバラエティーを放送のね。


後半の30分も関西テレビ制作枠として「阪急ドラマシリーズ」→1981年10月からは「ミュージックフェア」(フジテレビ)を放送していたのね。その後、1983年10月より「時代劇スペシャル」が金曜日からの枠移動で放送し、1984年3月で終了したのね。


同年4月より半年間は弐十手物語→夏の怪談シリーズ→乾いて候をそれぞれ放送したのね。(さらにそれ以前はシオノギ製薬が1社提供で放送していた連続ドラマ枠でもあったのね。)

過去に放送された代表的な作品には、トレンディドラマブームに便乗してヒットした、「愛という名のもとに」・「29歳のクリスマス」のね。SPを含め10年続いた「白線流し」、中山美穂と木村拓哉主演のサスペンス「眠れる森」や、吉岡秀隆が主演、柴咲コウや時任三郎が共演し多くの感動をよんだ「Dr.コトー診療所」(2006年に続編が放送)、唐沢寿明・江口洋介主演でリメイクした「白い巨塔」、ブームとなった「電車男」、木曜劇場では初めての時代劇となった「大奥」などがあるのね。


また、トレンディードラマの代表作「抱きしめたい!」に主演した浅野温子、浅野ゆう子はこのドラマでW浅野とブームを起こしたのね。

黒谷友香/TANNKA 短歌黒谷友香/TANNKA 短歌
¥4,935円(税込)送料別 カード利用可

ジャンル:邦画アーティストカナ:クロタニ トモカアーティスト:黒谷友香商品名:TANNKA 短歌品種:DVD発売日:2007/05/21 品番:DSTD-2679内容:監督・脚本:阿木燿子 脚本:岩下悠子 出演:黒谷友香/黄川田将也/村上弘明/西郷輝彦/中山忍/高島礼子/井川比佐志/本田博太郎/萬田久子 〈映像特典〉本編未公開・妖艶!秘蔵映像/撮影スナップ・イン・短歌/監督&キャスト・インタビュー集(阿木燿子監督,黒谷友香,黄川田将也,村上弘明)/製作発表・艶舞!黒谷友香ベリーダンス/東京国際映画祭・記者会見&舞台挨拶/劇場公開初日・シネマート六本木/GyaO黒谷友香・特別番組「短歌」/劇場予告/TVスポット/フォトギャラリー/ポスターギャラリー仕様:\[画]ワイド [音](4.0)・(5.1)説明:33歳のフリーライター薫里(かおり)は、カメラマンのMと9年越しの不倫関係を続けている。そんな薫里の前に現われたヴァイオリニストの卵、圭。Mと圭、2人の男性の間で揺れ動く薫里は、徐々に落ち着きを失くしていき……。このアーテイストの他の作品を見る
さらに詳しい情報はコチラ≫



| 短歌

黒谷友香の黒谷友香のリンクについて

黒谷友香の黒谷友香のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]黒谷友香
>>[次]黒谷友香
黒谷友香のTOPへ
"黒谷友香"のTOPへジャンプ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。